isso motto

Top

工務店を決める その6

f0178427_22325262.jpg

設計の申し込みをお願いする際に、無垢の木と自然素材の家だからこその確認事項がありました。
それは自然素材の特性を理解するということでした。

■木材は全て無垢材ゆえに、収縮や反り、ひび割れが発生することがある。
■木材の収縮等により左官塗装にひび割れ等が発生することがある。
■杉や檜は柔らかい木材のため、キズやへこみが付きやすい。

新建材や集成材を使えば、上記のようなことは、あまり心配ありません。
つまりメンテナンスフリーであり、管理が容易な利点があります。

一方、無垢材は上記のようなことが起きうるので、メンテナンスが必要。
それでも、無垢の木の香りや温かさを得られるなら、メンテナンスをしながら育てていく
という考えに落ち着きました。
そしてそれは、子供の教育にもよいのではないかと。キズがヒビが入ったら自分で補修する
作業を通して、使い捨てではなく、モノを大切にする気持ちを養うのに。

こうして、あこがれだけではなく、無垢の木の家の管理の大変さもしっかり確認してくれる
ことで、そこも楽しんでいこうと思うのでした。

▼ ランキングに参加中です^^
 



[PR]
by fukunabe | 2016-06-03 22:43 | ■ 家づくり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://econabe.exblog.jp/tb/25295281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by teakota at 2016-06-05 08:34 x
こんにちは。

以前の自宅は自然素材で建てましたので木材の割れる音には驚きました。(ポルターガイスト??とも思いましたよ。 笑)
薪ストーブ周りの塗り壁は更に乾燥して割れたので翌年塗りなおしていただきました。 それ以降、割れることはなかったです。
そんな事はありましたが自然の木の香り、温もりには代えられません。
無垢の木の家、楽しみですね^^。
Commented by fukunabe at 2016-06-05 21:18
teakotaさん
こんにちは。
以前のお宅は自然素材の家だったのですね。
木材の割れる音、夜中だったらビビりますね^^; 心しておきますね。
木は生きているんですね〜。だから温かいのですね!
家に合う雑木の庭も少しづつ増やしていければと思っています。